映画『マンダレイ』あらすじ、作品情報

あらすじ

1933年のアラバマ州、南北戦争と奴隷解放宣言からおよそ70年。
グレースたちギャング団は大農場マンダレイの前で黒人の女に呼び止められる。
そこは奴隷制度同様の搾取が横行し、使用人の人ティモシーがむち打たれようとしていた。
グレースが銃の力で割り込むと農場の女主人は息絶えてしまう。
命令するものを失って途方にくれる黒人の使用人たちをみてグレースは、マンダレイを民主的で自由な共同体につくりかえる決心をする

登場人物

ブライス・ダラス・ハワード:グレース

イザック・ド・バンコレ:ティモシー

ダニー・グローヴァー:ウィレルム

ウィレム・デフォー:グレースの父親

ジェレミー・デイヴィス:ニールス

クロエ・セヴィニー:フィロメナ

ローレン・バコール:女主人

ウド・キア:ミスター・カースプ

モナ・ハモンド:オールド・ウィルマ

ジャン=マルク・バール:ミスター・ロビンソン

ジェリコ・イヴァネク:Dr.ヘクター

テディ・ケンプナー:ジョセフ

ルエラ・ギデオン:ヴィクトリア

ジニー・ホルダー:エリザベス

クライヴ・ロウ:サミー

エマニュエル・アイドウ:ジム

ジャヴォン・プリンス:ジャック

スゼット・ルウェリン:フローラ

ジョセフ・マイデル:マーク

ジョン・ハート:ナレーター

作品情報

タイトル:マンダレイ

原題:MANDERLAY

製作年度:2005年

上映時間:139分

製作国:デンマーク,スウェーデン,オランダ,フランス,ドイツ,アメリカ

ジャンル:ドラマ

監督:ラース・フォン・トリアー

製作総指揮:レネ・ボーグルム、ピーター・オールベック・イェンセン

脚本:ラース・フォン・トリアー

音楽:ヨアキム・ホルベック

参考サイト

マンダレイ – Wikipedia

マンダレイ – 作品 – Yahoo!映画

【キャロル & チューズデイ】4話


アニメ『ボールルームへようこそ』ダンスに青春をかけた若者たちの物語

ボールルームダンスというのはホールダンスの事です。

つまり、社交ダンスってことなんですね。

社交ダンスに打ち込む若者たちを描いた作品、アニメ『ボールルームへようこそ』を見ました。

あらすじです。

何をすればよいか分からない平凡な中学生・富士田多々良は、ある出来事をきっかけに社交ダンスの魅力に引き込まれていく。

「何か一つでいい、好きだと言えるものがあれば」

今の自分から変わるため、多々良は社交ダンスの世界へ飛び込む。

多々良の成長を圧倒的な「熱量」で描く、唯一無二の青春ダンスアニメ、ここに開演!!

 

 

登場人物

富士田 多々良(ふじた たたら)

声 – 土屋神葉

仙石 要(せんごく かなめ)

声 – 森川智之

花岡 雫(はなおか しずく)

声 ? 佐倉綾音

兵藤 清春(ひょうどう きよはる)

声 – 岡本信彦

赤城 賀寿(あかぎ がじゅ)

声 – 富田健太郎

赤城 真子(あかぎ まこ)

声 – 諸星すみれ

兵藤 マリサ(ひょうどう マリサ)

声 ? 甲斐田裕子

本郷 千鶴(ほんごう ちづる)

声 – 寿美菜子

円谷 環(つぶらや たまき)

声 – 能登麻美子

アニメ『ボールルームへようこそ』見どころ

主人公の富士田多々良はヘタレな中学生でしたが、ダンスと出会い、仲間やライバル達と出会って大きく成長します。

ベタですが、こういった成長物語って胸が熱くなりますよね。

真っ直ぐに真剣にダンスに打ち込む多々良の姿は、忘れていた気持ちを思い出させてくれます。

多々良の仲間やライバルたちは皆ハイレベルなんです。

到底かなうわけのない相手なんですが、多々良は必死に練習して食らいつこうとする。

実は多々良にはダンスの才能があって、それを武器にライバルたちといい勝負をします。

しかし、それでもやっぱり敵わないんですね。

ダンスはリーダーとパートナーの二人で踊ります。

主にリーダーは男性、パートナーは女性です。

最初、多々良には決まったパートナーがおらず、雫や真子ちゃんと踊ります。

私のオススメは真子ちゃんです。

真子ちゃんは賀寿の妹なんですが、性格が控えめで大人しくって、スゴく可愛いんです。

体の線も細くって魅力的です。

ダンスの実力も、賀寿に隠れてわかりにくかったのですが、中々のもの。

多々良とのダンスでその才能を開花しました。

ちなみに雫も好きですよ。

中学生とは思えないほどの色気があるんでドキドキしますね。

まとめ

アニメ『ボールルームへようこそ』は若者たちの青春を描いた作品です。

ダンスに情熱を燃やす多々良をはじめとする登場人物たちは、皆キラキラ輝いていました。

これを見てダンスをしたいと思う人がきっといるはず!

おすすめ記事

TVアニメ『盾の勇者の成り上がり』

【盾の勇者の成り上がり】15話

アニメ『盾の勇者の成り上がり』第15話の先行カット&あらすじ到着

盾の勇者の成り上がり – 小説家になろう


映画『スーサイド・スクワッド』アメリカンコミックの実写映画化

映画『スーサイド・スクワッド』はDCコミックスから出ているマンガの実写映画化です。

DCコミックスにはバットマンやスーパーマンがあります。

あらすじです。

世界崩壊の危機が到来。政府は、最強のスナイパーであるデッドショット(ウィル・スミス)や、ジョーカー(ジャレッド・レトー)に夢中のハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)ら、服役中の悪党たちによる特殊部隊“スーサイド・スクワッド”を結成する。命令に背いた者、任務に失敗した者には、自爆装置が作動するという状況で、寄せ集めの悪党たちが戦いに挑む。

 

 

キャスト

デッドショット/ウィル・スミス

ハーレー・クイン/マーゴット・ロビー

ジョーカー/ジャレッド・レト

リック・フラッグ/ジョエル・キナマン

アマンダ・ウォーラー/ヴィオラ・デイヴィス

キャプテン・ブーメラン/ ジェイ・コートニー

エル・ディアブロ/ジェイ・ヘルナンデス

キラー・クロック/アドウェール・アキノエ=アグバエ

ジューン・ムーン(エンチャントレス)/カーラ・デルヴィーニュ

カタナ/福原かれん

見どころ

悪党が主役になった映画なんて面白そうですね。

ウィル・スミスやマーゴット・ロビー演じるスーサイド・スクワッドの面々は皆犯罪者なんです。

しかし、その能力を買われてチームを組んで悪いやつをやっつけに行くっていうお話です。

スーサイド・スクワッドの皆は特技を持っていて、デッドショットは銃の腕がピカイチ。

キャプテン・ブーメランは名前の通りブーメランで攻撃する。

ディアブロはメタヒューマンなので炎の化身になって戦います。

そして、ハーレー・クインです。

ハーレー・クインはバットで敵を叩いたり、銃で攻撃したりします。

正直バットの攻撃ってどうなの?と思いましたが、意外と効いているみたいでした。

ハーレー・クインと言えばそのルックスですよね。

奇抜なファッションに身を包んで、メイクもすごいことになっています。

でも、可愛いんです。

ハーレー・クインは元々はお医者さんで、ジョーカーを担当してたんですが、その時にジョーカーにたぶらかされておかしくなってしまったのです。

普通の女医さんの時のハーレー・クインは綺麗なお姉さんでしたよ。

それが、あんなことになるなんて、ビックリですね。

まとめ

映画『スーサイド・スクワッド』はコミックが原作のアクション大作です。

個々の能力もすごく、戦闘シーンは圧巻です。

しかし、何と言ってもハーレー・クインですよね。

彼女の可愛さにうっとりしてしまいました。

それだけでも見る価値アリかもしれません。

 


映画『エクス・マキナ』作品情報

あらすじ

ブルーブックでプログラマーとして働くケイレブはある日、抽選で社長ネイサンの自宅を訪問する

ネイサンの自宅近くまでヘリコプターで運ばれる。

この自宅が人工知能の開発研究施設であることを明かす。

彼の人工知能にチューリング・テストを行うよう依頼する。

ガイノイドのエヴァと対面する。

エヴァは顔面と手、足先のみが皮膚で覆われているが残りの部分は機械の内部構造が透けて見える姿をしている。

ネイサンは、エヴァの言語能力は既存のAIを超越しており、話すだけではすぐに人間であると騙されてしまう

キョウコは英語を理解しないため、機密保持には都合が良い。

「ネイサンは嘘つき。彼の言うことは信じてはいけない」

エヴァは自分の描いた絵をケイレブに見せる。

停電を起こしているのは自分であり、ネイサンに監視されていない状態でケイレブと話がしたいのだと言う

彼女の誘惑はネイサンによるプログラムではないのかと問い詰める。

革新的なAIはおそらくエヴァの次のモデル最終的に彼女のAIをアップグレードするために完全に初期化する予定だ

ネイサンのパソコン上に保存されていた監視カメラの映像から、エヴァ以前の女性型ロボットの多くが、ネイサンによる監禁を苦にして自壊する様子

エヴァを施設から逃がそうと決意する。

対に部屋から出られないはずのエヴァが外の廊下を歩いている様子がモニターに映し出される。

エヴァはキョウコに何やら伝達したあと廊下でネイサンと戦うが、腕を破壊され倒れる。

ネイサンがエヴァを引きずってラボへ運ぼうとしたその時、背後からキョウコが彼の背中を包丁で刺す。

ネイサンは、彼女の顔を棒で殴打して破壊するが、今度はエヴァに胸を刺される。

登場人物

エヴァ(AVA)

演 – アリシア・ヴィキャンデル

ケイレブ・スミス

演 – ドーナル・グリーソン

ネイサン・ベイトマン

演 – オスカー・アイザック

キョウコ

演 – ソノヤ・ミズノ

作品情報

タイトル

エクス・マキナ

原題

EX MACHINA

製作年度

2015年

上映時間

108分

製作国

イギリス

ジャンル

SF

サスペンス

ドラマ

監督

アレックス・ガーランド

製作総指揮

スコット・ルーディン

イーライ・ブッシュ

テッサ・ロス

脚本

アレックス・ガーランド

音楽

ベン・ソーリズブリー

ジェフ・バーロウ

 


映画『GANTZ:O(ガンツオー)』エログロ満載の超大作!

映画『GANTZ:O(ガンツオー)』はフル3DCGによるマンガの実写化です。

マンガも大人気で累計発行部数は2100万部以上を記録しています。

GANTZはアニメ化や実写映画化など、色んなメディアに展開しています。

あらすじ

高校生の加藤勝は、地下鉄で起きた事件によって死ぬ。ところが次の瞬間、マンションの一室にいた。加藤はそこで、リーダーが不在の東京チームと一緒に火の手が上がる大阪に転送され、サバイバルゲームに参加することになる。大阪チームと遭遇し、妖怪型の星人軍団=百鬼夜行と戦いを繰り広げる加藤。一人で待つ弟のもとへ生還するため戦い抜く加藤の前に、大ボス“ぬらりひょん”が現れ……。

 

キャラクター

加藤勝

物語の主人公。正義感が強く、困っている人をほっておけない。

玄野計

加藤が来る前に死亡する。東京チームのリーダー的存在。

レイカ

人気グラビアアイドル。

山咲杏

大阪チームのメンバー。息子が一人いるシングルマザー。

西丈一郎

東京チームのメンバー。チームメンバーを仲良くしない。

鈴木良一

東京チームのメンバー。おっちゃん。

岡八郎

大阪チームのメンバー。ガンツのミッションで7回100点クリア。

島木譲二

大阪チームのメンバー。ガンツのミッションで3回100点クリア。

室屋信雄

大阪チームのメンバー。ガンツのミッションで4回100点クリア。

見どころ

ガンツとえばエログロですよね。

星人たちとの戦いで殺されたり、星人を倒したりするんですが、その描写がグロいんです。

銃や刀で攻撃すると、頭が吹っ飛んだり、体が真っ二つに切れたり。

そりゃあもうグロいグロい。

映画もR指定になっています。

エロもガンツの特徴です。

ガンツに登場する女性キャラはほとんどが巨乳です。

さらに、ガンツは戦うときにガンツスーツというピタピタの黒い服を着るんですが、それを巨乳の人が着るからエロくなるんです。

ガンツオーでもそれは変わっていませんでした。

レイカや山崎杏は見事に巨乳でエロかったです。

巨乳が走って戦うんですから、どうなるのかは想像できますよね。

バインバインしてました。

敵の星人にもエロを足してきます。

ガンツオーは大阪で戦うんですが、そこには大阪チームがいます。

この大阪チームは少し変わっていて、この戦いをゲームみたいに楽しんでいるんです。

その中には病的にエッチが好きな人がいて、女の星人とエッチしまくるんです。

これこそが、ガンツの真骨頂と言わんばかりのエログロです。

まとめ

フル3DCGでここまで出来るんだと思わせてくれる仕上がりでした。

人間による実写化では不可能だった表現が3DCGで可能になり、大迫力の戦闘シーンなどが見れます。

参考サイト

GANTZ:O|ガンツ:オー 公式サイト

GANTZ:O : 作品情報 – 映画.com

こちらのサイトもどうぞ

AB夫(えびお)のシコウサクゴ』では映画・アニメの感想を紹介しています


映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』あらすじ、作品情報

あらすじ

ハリー・ポッターは唯一の身寄りであるダーズリー家へ帰省していた。

ホグワーツ魔法魔術学校での生活を中断されていたハリーのもとに、ドビーと名乗る屋敷しもべ妖精が現れる。

ドビーはハリーに「ホグワーツに戻ってはならない」と警告

ハリーの前でドビーは、ケーキに浮遊術の魔法をかけて来客者の頭上で落下させる。

マグルの前で魔法を使ってしまったこととなったハリーに対し、規定に違反したとして魔法省は警告

ダーズリー一家の怒りに触れたハリーは部屋に閉じこめられたばかりか、部屋に監禁されたハリーは、ロン・ウィーズリー、フレッド・ウィーズリー、ジョージ・ウィーズリー達に空飛ぶフォード・アングリアで救出され、ウィーズリー家へと向かった。

ウィーズリー家の暖炉から、ダイアゴン横丁へ向かおうとするが、ハリーは発音が失敗し、「夜の闇(ノクターン)横丁」へ迷い込む。

ルビウス・ハグリッドが現れて救出され、ダイアゴン横丁で親友のハーマイオニー・グレンジャーとも再会

ギルデロイ・ロックハートのサイン会が行われていて、ロックハートはハリーを見つけては彼と一緒に日刊予言者新聞の記者に写真を撮ら

スリザリン生のドラコ・マルフォイとその父親、ルシウス・マルフォイと出会い、ロンの父親のアーサーとルシウスは殴り合いの喧嘩に発展

ハグリッドに制止される

キングズ・クロス駅の9と3/4番線へ繋がる壁を何故か通り抜けられず、壁にカートごと激突・転倒したハリーとロン

ホグワーツ特急に乗り遅れたためにアーサーが魔法をかけた空飛ぶフォード・アングリアでホグワーツへ向かった。

管理人アーガス・フィルチの猫であるミセス・ノリスが石になる事件

ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人は、ドラコ・マルフォイが「スリザリンの継承者」ではないかと考え、ポリジュース薬を使ってマルフォイから話を聞きだそうと計画する。

「秘密の部屋」の話題でもちきりになっていたある日、ロックハートの提案で「決闘クラブ」が開催される。

城内ではハリーが「継承者」ではないかという噂が広まる

ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人はクリスマス休暇を利用してマルフォイに探りを入れたが、マルフォイが「継承者」ではないことが判明

クリスマス休暇が明けたある日、ハリーは3階の女子トイレで黒く古い日記帳を見つける。その日記帳にはT・M・リドルの記憶が残されていて、その記憶を見たハリーは「秘密の部屋」事件の概要を知る。

グリフィンドールの談話室が荒らされ、何者かに日記を盗まれてしまい、さらに出場予定だった対ハッフルパフ戦のクィディッチの試合が中止となり、ハーマイオニーと別の女子生徒が襲われる事件が発生

登場人物

ハリー・ポッター ダニエル・ラドクリフ

ロン・ウィーズリー ルパート・グリント

ハーマイオニー・グレンジャー エマ・ワトソン

アルバス・ダンブルドア リチャード・ハリス

ミネルバ・マクゴナガル マギー・スミス

ルビウス・ハグリッド ロビー・コルトレーン

学生時 マーティン・ベイフィールド

セブルス・スネイプ アラン・リックマン

ギルデロイ・ロックハート ケネス・ブラナー

ドビーの声 トビー・ジョーンズ

ドラコ・マルフォイ トム・フェルトン

ネビル・ロングボトム マシュー・ルイス

ジニー・ウィーズリー ボニー・ライト

ポモーナ・スプラウト ミリアム・マーゴリーズ

フィリウス・フリットウィック ワーウィック・デイヴィス

アーガス・フィルチ デイビッド・ブラッドリー

マダム・ポンフリー ジェンマ・ジョーンズ

マダム・ピンス サリー・モルトモア

バーノン・ダーズリー リチャード・グリフィス

ペチュニア・ダーズリー フィオナ・ショウ

ダドリー・ダーズリー ハリー・メリング

モリー・ウィーズリー ジュリー・ウォルターズ

アーサー・ウィーズリー マーク・ウィリアムズ行

フレッド・ウィーズリー ジェームズ・フェルプス

ジョージ・ウィーズリー オリバー・フェルプス

オリバー・ウッド ショーン・ビガースタッフ

ビンセント・クラッブ ジェイミー・ウェイレット

グレゴリー・ゴイル ジョシュア・ハードマン

シェーマス・フィネガン デヴォン・マーレイ

ディーン・トーマス アルフレッド・イーノック

パーシー・ウィーズリー クリス・ランキン

リー・ジョーダン ルーク・ヤングブラッド

ケイティ・ベル エミリー・デイル

アンジェリーナ・ジョンソン ダニエル・テイラー

ラベンダー・ブラウン キャスリーン・コーリー

コリン・クリービー ヒュー・ミッチェル

マーカス・フリント ジェイミー・イェイツ

ジャスティン・フィンチ=フレッチリー エドワード・ランデル

スーザン・ボーンズ エレノア・コロンバス

ペネロピー・クリアウォーター ジェンマ・パドリー

アーニー・マクミラン ルイス・ドイル

ハンナ・アボット Charlotte Skeoch

ほとんど首無しニック ジョン・クリーズ

嘆きのマートル シャーリー・ヘンダーソン

コーネリウス・ファッジ ロバート・ハーディ

グレンジャー氏 トム・ナイト

グレンジャー夫人 ヘザーブリーズデール

メーソン氏 ジム・ノートン

メーソン夫人 ヴェロニカ・クリフォード

キングス・クロス駅の駅員 ハリー・テイラー

ボージン(未公開シーン) エド・チューダー=ポール

アーマンド・ディペット アルフレッド・バーク

アラゴグの声ジュリアン・グローヴァー

組分け帽子の声 レスリー・フィリップス

ジェームズ・ポッター エイドリアン・ローリンズ

リリー・ポッター ジェラルディン・ソマーヴィル

ルシウス・マルフォイ ジェイソン・アイザックス

トム・マールヴォロ・リドル クリスチャン・コールソン

作品情報

タイトル

ハリー・ポッターと秘密の部屋

原題

HARRY POTTER AND THE CHAMBER OF SECRETS

製作年度

2002年

上映時間

161分

製作国

アメリカ

ジャンル

ファンタジー

アドベンチャー

監督

クリス・コロンバス

製作総指揮

マイケル・バーナサン

デヴィッド・バロン

クリス・コロンバス

マーク・ラドクリフ

原作

J・K・ローリング

脚本

スティーヴ・クローヴス

音楽

ジョン・ウィリアムズ

 


映画『チアーズ!』あらすじ、作品情報

あらすじ

ランチョ・カルネ高校のチアリーディング・チーム「トロス」は全国大会で優勝

新キャプテンに抜擢されたトアは、今年も優勝と張り切る。

チームの一員が練習中に怪我をしたため、新メンバーのためにオーディションを行う。

転校生ミッシーが器械体操の技を披露してメンバーに迎え入れられることとなる。

ミッシーはトロスの演技が盗作なのではないかと指摘。

トアはショックを受けるが、前キャプテンが貧しい地域にある高校の演技を毎回盗んでいたことがわかる。

トアはなんとか大会までにオリジナルの演技を完成させようとする。

 

登場人物

役名 俳優 日本語吹替

トーランス・シップマン/演:キルスティン・ダンスト

ミッシー/演:エリザ・ドゥシュク

クリフ・パントーン/演:ジェシー・ブラッドフォード

アイシス/演:ガブリエル・ユニオン

コートニー/演:クレア・クレーマー

ホイットニー/演:ニコール・ビルダーバック

ターシー/演: シャニーナ・ジェルソン

ケイシー/演:リニ・ベル

ジャン/演:ネイサン・ウェスト

レス/演:ハントリー・リッター

ラーヴァ/演:シャマリ・フィアズ

ジェネロープ/演:ナティーナ・リード

ラフレッド/演:ブランディー・ウィリアムズ

アーロン/演:リチャード・ヒルマン

ビッグ・レッド/演:リンジー・スローン

カーヴァー/演:ビアンカ・カジリッチ

ブルース・シップマン/演:ホームズ・オズボーン

クリスティーン・シップマン/演:シェリー・ハーシー

ジャスティン・シップマン/演:コーディー・マッケインズ

スパーキー・ポラストリ/演:イアン・ロバーツ

タイトエンド/演:デビッド・エドワーズ

クォーターバック/演:アシュレー・ホワード

ジェイミー/演:メラニー・アトマジャ

作品情報

タイトル:チアーズ!

原題:BRING IT ON

製作年度:2000年

上映時間:100分

製作国:アメリカ

ジャンル:コメディ、青春

監督:ペイトン・リード

製作総指揮:アーミアン・バーンスタイン、パディ・カレン、ケイトリン・スキャンロン、マックス・ウォン

脚本:ジェシカ・ベンディンガー

音楽:クリストフ・ベック

おすすめ記事

[第1話]ぼくたちは勉強ができない – 筒井大志 | 少年ジャンプ+

【ぼくたちは勉強ができない】 1話

ぼくたちは勉強ができない 1巻 :無料・試し読みも! 

ぼくたちは勉強ができない 第1話 天才と[X]は表裏一体である – ニコニコ動画

 


映画『悪の教典』あらすじ、作品情報

あらすじ

不良生徒、モンスターペアレント、学校裏サイト、集団カンニング、淫行教師など、数々の問題を抱える東京都町田市の私立晨光学院町田高校に勤める英語教師 蓮実聖司は、有能で人気者だが、裏では自分に都合の悪い人間を次々と殺害していく生粋のサイコキラー

学校一の不良である蓼沼将大をネット炎上させて暴力事件を起こさせて退学させ、同僚教師の真田俊平を飲酒運転に見せかけて社会的に抹殺。

モンスターペアレントの清田勝史を放火犯の仕業にして殺害し、蓮実に激しい疑惑を向ける数学教師の釣井正信を電車内で絞殺。

蓮実はペット扱いしていた女子生徒安原美彌が邪魔になった事から、自殺にみせかけて始末しようとするが、殺害現場を生徒に入られてしまい、手順が狂い殺人の嫌疑が掛かり

出し物の準備のため校舎に泊り込んでいた担任クラスの生徒全員を、同僚教師の仕業に見せかけて散弾銃で皆殺しにする決意をする。

蓮実は猟銃を手にして、次々と生徒たちを射殺していく。

「熊殺し」の異名を持つ空手使いである体育教師 園田勲に一撃をもらうも射殺し、淫行教師の柴原徹朗を美彌殺害の罪をなすりつけて殺害。

様々な手段を講じて逃げ惑う生徒たちを、追い立てて容赦なく命を奪っていく。

最後の仕上げとして、美術教師の久米剛毅を自殺に見せかけて殺害し、乱射事件の罪を彼になすり付け、全てが終わったはずであった。

しかし、射殺したと思っていた片桐怜花と夏越雄一郎が生き残っていたのだ。彼らは死亡した生徒に自分たちの上着を着せて、避難用の垂直降下方式救助袋から死体を落下させ、それを蓮実が撃っていたのだ。

しかし、2人の証言は精神不安定とされ、警察は取りあおうとはしなかった。

しかし、保健室のAEDに録音されていた、蓮実の犯行時の告白が証拠となり、蓮実は連続殺人犯として逮捕される。

だが、蓮実は責任能力不能による無罪を狙って、精神異常者のフリを装う。

その後、屋上から突き落とされた安原美彌が一命を取り留めるも、蓮実との関係については黙秘を続ける。

登場人物

蓮実 聖司(はすみ せいじ)

演:伊藤英明

酒井 宏樹(さかい ひろき)

演:篠井英介

真田 俊平(さなだ しゅんぺい)

演:山中崇

田浦 潤子(たうら じゅんこ)

演:高岡早紀(序章)小島聖(映画版)

水落 聡子(みずおち さとこ)

演:中越典子(序章のみ)

園田 勲(そのだ いさお)

演:高杉亘(序章のみ)

柴原 徹朗(しばはら てつろう)

演:山田孝之

高塚 陽二(たかつか ようじ)

演:岩原明生

釣井 正信(つりい まさのぶ)

演:吹越満

猫山 崇(ねこやま たかし)

堂島 智津子(どうじま ちづこ)

演:池谷のぶえ

久米 剛毅(くめ たけき)

演:平岳大

灘森 正男(なだもり まさお)

作品情報

タイトル

悪の教典

製作年度

2012年

上映時間

129分

製作国

日本

ジャンル

サスペンス

ホラー

監督

三池崇史

原作

貴志祐介

脚本

三池崇史

音楽

遠藤浩二


映画『ジュラシック・ワールド 炎の王国』あらすじ、キャスト、作品情報

あらすじ

ジュラシック・ワールド事件から3年後の2018年。パーク崩壊後も、イスラ・ヌブラル島では恐竜達が自由に島中を徘徊して生きていた。が、島北部のシボ山で火山噴火が起き、島の恐竜達は存亡の危機にさらされる。ある嵐の夜、イスラ・ヌブラル島である傭兵の一団が、前作でラグーンの底に沈んだインドミナス・レックスの遺体を回収すべく、小型潜水艇でラグーン内を探査していた。傭兵たちは、任務中にティラノサウルスとモササウルスに襲われるも、何とか目的のインドミナスの骨を回収し、依頼主の「上司」の元へ持ち帰った。恐竜保護を目的とした団体「Dinosaur Protection Group(DPG)」を設立した「ジュラシック・ワールド」の元運用管理者クレア・ディアリングは、イスラ・ヌブラル島の恐竜を救出するため、故ジョン・ハモンドの元ビジネスパートナーであったベンジャミン・ロックウッドを訪ね、彼の支援・サポートを取り付ける。また、ベンジャミンに仕えるロックウッド財団の経営者イーライ・ミルズの依頼でヴェロキラプトルのブルーを捜索するため、元恐竜監視員のオーウェン・グレイディを雇い、彼ら探検隊がイスラ・ヌブラル島に向かった。到着したイスラ・ヌブラル島は、小規模な噴火を繰り返し、溶岩の雨が降り注ぐ不安定な島になっていた。島に到着したオーウェンは傭兵のウィートリーらに出迎えられ、ヴェロキラプトルのブルーを探す様に言われジアと共に島の奥へ向かう。クレアとフランクリンは、制御室でシステムの操作を行う。その頃、別の港跡地に、恐竜を島から脱出させる為に派遣されたミルズの傭兵の部隊が到着する。ブルーはオーウェンらによって発見されたが、直後にウィートリーが裏切り、ブルーは麻酔弾で撃たれてしまう。ウィートリーらの真の目的は、恐竜の救出ではなく、恐竜を島から連れ出して兵器として高値で売りさばくことだった。オーウェンは傭兵らと戦おうとするが、麻酔弾で撃たれてしまい、その場に昏倒する。そこにジアが現れるが、銃を向け抵抗するも拘束されてしまい、ブルーの延命を任され、ブルーと共に移送車で連れ去られてしまう。それから程なくして火山で爆発的な大噴火が起こり、オーウェンは眼を覚ます。しかし、麻酔の影響で体が思うように動かず、迫ってくる溶岩から全力で逃げる。その頃、クレアとフランクリンは、制御室のシャッターが突如閉まり閉じ込められてしまっていた。モニターを見ると、バリオニクスが接近していることがわかる。大噴火による溶岩が制御室内にまで流れ込んできて、溶岩で溶けて行くトンネルの中からバリオニクスが姿を現し、二人に襲いかかる。クレアらは梯の存在に気付き、間一髪のところで外に脱出する。 脱出直後、オーウェンが恐竜と共に走ってきて、クレアとフランクリンに合流。丸太の裏に隠れるが、そこで打ち捨てられていたジャイロスフィアを発見。クレアとフランクリンはジャイロスフィアで、オーウェンは走って、迫りくる溶岩と火砕流から全力で逃げる。ジャイロスフィアが海に落下し、クレア達は溺死の危機に晒されるが、間一髪のところでオーウェンに助け出された。島から連れ出された恐竜は、アメリカ本土の北カリフォルニア州にあるベンジャミンの屋敷「ロックウッド・エステート」の地下の施設に運ばれた。そこでオーウェンとクレアは、ミルズが恐竜を兵器として、オークションで世界中のバイヤーに売りさばこうとしている光景を目にする。また、インドラプトルと呼ばれる新しい遺伝子組み換えの恐竜が作られている事を知り、ミルズやバイヤーたちの恐竜の軍事利用を企む陰謀を垣間見た。

キャスト

  • クリス・プラット:オーウェン・グレイディ
  • ブライス・ダラス・ハワード:クレア・ディアリング
  • ジャスティス・スミス:フランクリン・ウェブ
  • ダニエラ・ピネ:ダジア・ロドリゲス
  • ジェフ・ゴールド:ブラムイアン・マルコム
  • B・D・ウォン:ヘンリー・ウー博士
  • ジェームズ・クロムウェル:ベンジャミン・ロックウッド
  • テッド・レヴィン:ケン・ウィートリー
  • イザベラ・サーモン:メイジー・ロックウッド
  • ジェラルディン・チャップリン:アイリス
  • ピーター・ジェイソン:シャーウッド上院議員
  • レイフ・スポール:イーライ・ミルズ
  • トビー・ジョーンズ:エヴァーソル
  • チャーリー・ローズ

作品情報

  • タイトル:ジュラシック・ワールド/炎の王国
  • 原題:JURASSIC WORLD: FALLEN KINGDOM
  • 製作年度:2018年
  • 上映時間:128分
  • 製作国:アメリカ
  • ジャンル:アクション、アドベンチャー、SF
  • 監督:J・A・バヨナ
  • 製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、コリン・トレヴォロウ
  • 脚本:デレク・コノリー、コリン・トレヴォロウ
  • 音楽:マイケル・ジアッキノ


映画『トータル・リコール』シュワルツェネッガー作品のリメイク

この作品は1990年のアーノルドシュワルツェネッガー主演作のリメイクです。

もう30年近く前の作品になるんですね。

それを今の技術で作るとどうなるか?楽しみです!

作品情報

あらすじ

容易に記憶を金で手に入れることができるようになった近未来、人類は世界規模の戦争後にブリテン連邦とコロニーの二つの地域で生活していた。ある日、工場で働くダグラス(コリン・ファレル)は、記憶を買うために人工記憶センター「リコール」社に出向く。ところが彼はいきなり連邦警察官から攻撃されてしまう。そして自分の知り得なかった戦闘能力に気付き、戸惑いながらも家に帰ると妻のローリー(ケイト・ベッキンセイル)が襲ってきて……。

 

 

映画『トータル・リコール』キャスト

ダグラス・クエイド / ハウザー(コリン・ファレル)

コロニーに住む工場作業員だが、本当はコロニー側のレジスタンスの一員。

ローリー(ケイト・ベッキンセイル)

UFBの諜報員。ダグラスの妻として監視している。

メリーナ(ジェシカ・ビール)

レジスタンスの一員。

コーヘイゲン(ブライアン・クランストン)

UFBの代表。ハウザーにダグラスとしての記憶を植え付ける。

マサイアス(ビル・ナイ)

レジスタンスのリーダー。

映画『トータル・リコール』見どころ

トータル・リコールの見どころは、何と言ってもアクションだと思います。

主人公のダグラスはずっと追われ続けるんです。

それも奥さんに追われます。本物の奥さんではなく、嘘の記憶で作られた奥さんなんですが、この人が執拗にダグラスを追いかけてきます。

舞台は近未来の世界で、町並みは混沌として雑多な町並みです。

ちょっと、ブレードランナーに似てました。

そのごちゃごちゃした中をダグラスとローリーは追いかけっします。

それはもうスゴイの一言で、2階からジャンプしたり、他人の家に入って銃を撃ちまくったりします。

また、爆弾を兵器で投げたりして、捕まえる気がないんじゃないかと思いました。

ローリーは女子ですが格闘もこなせて、ダグラスとの戦闘シーンは見ものです。

さらにはカーチェイスもこなします。

未来の車は宇宙を走ってるんですが、ダグラスの車を地上に落とそうとぶつけてきたり、上から乗っかったり、めちゃくちゃです。

最後の敵はあっさり倒すダグラスですが、本当の敵はその後からやってきます。

それは誰か?

分かりますよね。

まとめ

映画『トータル・リコール』はシュワちゃん版から30年近くたって、パワーアップして帰ってきました。

映像もアクションも格段にレベルアップして見応え十分です。